電源トランスEI54、EI60、EI66設計・製造・販売のことなら

製品案内

  • HOME »
  • 製品案内

私たちの目指す未来

私たちは、人とのつながり、コミュニケーションを大事にしています。
コミュニケーションこそテクノロジーの基本であると信じ、
葉脈のように様々な方々との交流を通じて、お客様のニーズ、
時代のニーズに応えられるよう未来を見つめていきます。

電源トランス ラインアップ

コア形状による分類

EIコア
コストが掛からないため安価に製作が可能
トロイダルコア
コスト高ではあるが、磁束漏れが少ない
OIコア カットコア

巻線による分類

単巻トランス
入力と出力が巻線を共用し、小型化も可能
複巻トランス
入力と出力の巻線が独立して、確実な絶縁が可能

出力による分類

降圧トランス
電圧を下げたい時に使用
昇圧トランス
電圧を上げたい時に使用
オプション
ご注意 技術情報

EIコアトランス

製造工程を標準化し、高品質・低コスト、短納期を実現します。
カタログ掲載のモデルも、カスタマイズできます。
カスタマイズ品も1台から製作致します。
EIトランスカタログ ダウンロード(PDF)

技術情報(容量とEIサイズの目安)

OIコアトランス

高さを抑えた製品です。
限られたスペースを有効利用できます。
製造工程を標準化し、高品質・低コスト、短納期を実現します。
カタログ掲載のモデルも、カスタマイズできます。
カスタマイズ品も1台から製作致します。
OIトランスカタログ ダウンロード(PDF)

トロイダルコアトランス

ノイズが発生し難い形状です。
同容量のEIコア型に比べ、小型軽量化できます。

250VAカタログ ダウンロード(PDF)

350VAカタログ ダウンロード(PDF)

1kVAカタログ ダウンロード(PDF)

カットコアトランス

ノイズが発生し難い形状です。
同容量のEIコア型に比べ、小型軽量化できます。
商用電源、高周波電源、リアクトル等に幅広く対応

オプション

仕様や用途に応じて、右のオプションをご指定下さい。
必要なオプションが判らない場合、ご相談下さい。
経験豊富なスタッフが丁寧にお手伝い致します。
温度ヒューズオプション
サーマルプロテクタオプション
静電シールドオプション
ショートリングオプション
コアーリングオプション
etc.

ご注意

安全にご使用頂く為に

誤った取り扱いによる事故を
防止するため、次のような表記を
して注意事項を示しております。

【警告】
指示を無視して、誤った取り扱いを
すると、死亡または重傷の可能性がある内容を示します。

【注意】
指示を無視して、誤った取り扱いを
すると、傷害または物的損害の可能性がある内容を示します。

【お願い】
製品を安全・快適に使うために理解していただきたい内容を示します。

【警告】
●必ずケース・盤などに収納して、 単品のままで通電しないで下さい。
感電の原因になります。
●通電中は、絶対にトランスや回路
に触れないでください。
感電の原因になります。【注意】
●定格を越える負荷を加えないで
下さい。
発煙・焼損の原因になります。
●定格を越える電圧を印加しないで
下さい。
発煙・焼損の原因になります。
●入力と出力を逆に使用しないで
下さい。
発煙・焼損の原因になります。
●ショートさせないで下さい。
発煙・焼損の原因になります。
●通電中、異物が触れないように
して下さい。
ショートして発煙・焼損の原因
になります。
●運搬時や配線時に過度な力を加
えたり、落としたり、ぶつけた
りしないで下さい。
もし落とした場合は、使用しな
いで下さい。発煙・焼損の原因
になります。
●万一の事故を防ぐために、保護
回路を接続してご使用下さい。【お願い】
●ラグ端子に外力を加えないで
下さい。口出し線が断線する
場合があります。
加工が必要な場合ご相談下さい。
●太すぎる線材でラグ端子に配線
しないで下さい。過度な力が加
わるため、口出し線が断線する
場合があります。
●以下のような場所に取り付けて
下さい。
○機械的振動がない所。
○取付面が固く安定している所。
○水滴、ホコリ、腐食性ガスが
かからない所。
○周囲が使用温度範囲内の所。
(使用温度範囲は機種により異なります)
●設計
①印加される電圧が定格電圧を
越えないよう回路を設計します。
また、一次側に保護回路をつな
ぐ回路を設計します。
②トランスをケース・盤等に収納
できるように設計します。
③トランスを組み込んだ製品とし
て第三者に使用させる場合は、
感電や高温の可能性がある場所
に警告表示をして注意を促して
下さい。
●設置・配線
①以下の条件を満たす場所に設置。
*周囲が使用温度範囲内。
(機種により異なります)
*機械的振動がない。
*取付面が固く安定している。
*水滴、ホコリ、腐食性ガスが
かからない。
②電源側にトランスの一次側を接
続し、負荷側をトランスの二次
側に接続します。
●使用
①通電前に以下の点を確認します。
*誤配線がないか。
*端子の接触に不具合はないか。
*半田付けは正常か。
*端子部に過度の力が加わって
いないか。
*端子が変形していないか。
*絶縁されているか。
②通電中は以下の点守って下さい。
*定格容量を超える負荷を加え
ない。
*定格電圧を超える電圧を印加
しない。
*カバー・端子等に触れない。
*トランス本体や端子に過度の
力を加えない。
*落としたり、ぶつけたりしない。
*電極を露出したり、ショートさ
せたりしない。

 

PAGETOP
Copyright © 八幡電子工業株式会社 All Rights Reserved.